ボトルにはリターナブル方式とワンウェイ方式がなります!

ウォーターサーバーによって使用するボトルの種類は異なります。

一般的にリターナブル方式、ワンウェイ方式のいずれかのボトルタイプを採用しているウォーターサーバー業者が大半ですが、ボトル1つ1つの量も差があるので交換しやすさも考慮して契約する業者さんを選びましょう。

リターナブルボトルはご家庭で水を消費した後、空のボトルを殺菌洗浄して再利用する為に業者が回収する仕組みです。

とにかく費用が安いのでコスト重視でウォーターサーバーを選びたい方には最適ですが、水を使う時に水がボトル内に逆流する構造の為雑菌が繁殖しやすく汚れやすいと言うデメリットも。

もしリターナブルボトルタイプのウォーターサーバーを選ぶなら、雑菌と空気が混じり合わないよう特殊フィルターを組み込んだり、無料のプロメンテナンスを実行しているような衛生面に気を配っている業者さんかどうか、じっくり見極めましょう。

一方ワンウェイボトルは、リターナブルボトルのネックとされる逆流空気が原因で雑菌が繁殖する恐れが払拭されています。

水やお湯を出す度にウォーターボトルが縮み、ボトル内に空気が取り込まれないような構造になっています。

しかも空になったボトルは使い捨てるので回収の手間暇もかかりませんし空ボトルにスペースを取られることはありません。

ただしワンウェイボトルはリターナブルボトルよりも費用が高くなる傾向があります。

最近は衛生ケアを徹底的に行うリターナブルボトル、リーズナブルな価格で利用できるワンウェイボトルもあるので一概にどちらが優れているとは言えません。